nap village (家)

(有)napの事業所の移転に伴い、建設した複合施設nap village

敷地の一角には、オーナーの河合夫妻の家もあります

 

 

 

 

『I’m Home』

「superior labor」のバックや「ハチガハナ」の名で知られる服や小物を中心に展開する
napのオーナー兼デザイナーのお家です。

持たれている小物もステキです。
http://www.nap-dog.com/

『I’m home』は写真がきれいで私も大好きな雑誌の一つです。
書店ではインテリア、建築、ライフスタイルなどのコーナーにあります。
http://www.imhome-style.com/

■Project data 

期間:2012年3月完成
対象:空間新築
発注者:有限会社nap
所在地:岡山県加賀郡吉備中央町上田東2395-5ほか
用途:複合施設(事務所・工房・店舗・住居・外部環境)
規模・構造:

敷地面積 3,435㎡(約1,039坪)
床面積 事務所棟 木造・平屋建・改修……….159㎡
工房併用住宅棟 木造・2階建・新築……….191㎡
カフェ棟(&thingsハチガハナ)……….61㎡
住宅棟(オーナーズ ハウス)……….119㎡

 

関連情報:
 掲載情報
・住む。No.43(農山漁村文化協会)
I’m home No.73(商店建築社)

 関連ページ
nap village(環境デザイン)
nap village(事務所・工房) 
nap village (カフェ &thingsハチガハナ)
nap village (家)

 


※(有)住吉木材工業在籍時の作品

 

 

Things「こと」

森の中に暮らす。

森の中に暮らす。

それは、少し不便かもしれないが、
自分たちの“感性“に包まれた暮らす
という豊かな生活があります。

夫妻は仕事柄、ヨーロッパやアメリカなど、世界を旅することも多いですが、
帰ってきて
やっぱり
『世界で一番家がいい』 
と言ってくださった言葉に、家の意味を改めて感じました。

Space「もの」

時間をかけて一つひとつカタチにしていく

犬と暮らせることを、また、スタッフやお客様と一緒に食事を楽しむということをコンセプトとし、家の半分は土間でできています。
そこはリビング、ダイニング、キッチンが広がっています。
家の真ん中に靴を脱ぐ場があり、
奥にはプライベートな空間が広がる。
犬の足も洗えるサンルーム。

各部屋からは、それぞれ異なる木立がみえ、
扉は裏も表もすべて色の異なり、
ドアノブにはご主人がヨーロッパで見つけられたアンティークが使われています。

お気に入りのウィリアムモリスの壁紙に包まれたトイレ
バスルームはガラス張りで、外国のホテルのようなしつらい

使い込んだ雰囲気が味わえる杉の木材の床
壁や天井は、淡いグリーンのペンキで仕上げ、独特の空気間を醸し出す

ひとつひとつ現場で調整したり、オーダーメイドで、手間と時間を使い作り上げました。
職人一同、楽しませて頂きました。

Future「みらい」

住み始めてからはお嬢さんも生まれ、
この家で、家族を育んでいます。

子どもの成長に合わせ、
家のテラスを工房にする夢も相談してくださったり、
長く、ともに
私も過ごさせていただいています。

Contact Us

和田デザイン事務所へのご相談予約受付は、
下記のフォームよりどうぞお気軽にお寄せ下さい。