ここから商店街を楽しもう(仮称)CAFE ROCA 京町店【進行中】

「なぜ、ここに出店するのだろう」そんな問いから始まる。

 

津山市郊外、東一宮の大通り沿いに店舗を構えるCAFÉ ROCA。

 

この度、
ソシオ一番街に出店する新店舗のデザインを担当させていただくことになりました。

商店街の空き店舗をリノベーションして、ROCAの新しい店をオープンします。

 

■Project data 

期間:2018~
対象:空間リノベーション
発注者:
所在地:津山市
用途:カフェ      
規模・構造:
関連情報:

Things「こと」

その土地らしいカフェを

郊外に独特のクラシック感を持ちおしゃれな空間が人気のCAFÉ ROCA。
商店街の中に構える2号店では、客層も土地の雰囲気も大きく異なります。

一時期まちのにぎわいの核であった商店街。
全国どこもかしこも、「商店街」といえば、「今はシャッターで…」「昔は…」という話が次いで出てくる。

新しい可能性に満ちていると考えよう。
新しいニーズがあり、新しい答えを出そう。
新しいCAFÉ ROCAで。

空間デザインはもちろん、周辺の商環境のニーズ調査などの支援、商店街出店の支援なども行いながら、ともに楽しいカフェを創り上げていきます。

Space「もの」

新しいシーンを描く

CAFÉ ROCAが作る料理や店内の雰囲気を、
商店街の雰囲気と織り交ぜていく 

まちなかで働く人々がお昼休憩に来たり、
学生が放課後に友達と立ち寄って談笑したり、
旅行に来た人々がふらっと気軽に入ったり、

今までなかったシーンを想像しながら、空間をつくっていきます。

Future「みらい」

商店街に”にぎわい”のキッカケを

シャッター街が全国的に広がるまちの商店街。
シャッターが降りた街並みは、景観的にも通る人々の印象をよくはしてくれません。
このソシオ一番街でも、半分近い店舗が空き店舗となり、閑散とした雰囲気が広がっています。
しかし、今、CAFÉ ROCAをはじめ多くの人々が立ち上がっています。
私たちのつくる建物は、1つ1つは小さなものですが、いくつもあつまって“まち“を創っていきます。点がつながり、線になり、ひとつのエリアになる。

外観はもちろん、中身も、
まちに溶け込み、
まちと共に育っていく
そして、新たな街の“賑わい“をここに

2018年12月オープン予定

Contact Us

和田デザイン事務所へのご相談予約受付は、
下記のフォームよりどうぞお気軽にお寄せ下さい。